CSR活動行動規範方針


  企業の社会的責任(CSR)に対する認識の深まりや、社会貢献をはじめとする企業への社会的要請の広がりを踏まえつつ、コンプライアンス(法令等の遵守)を念頭において誠和テクノロジー株式会社の道徳、理念等の行動規範を明確にするとともに実践しやすいものとします。

☆ 法令の遵守
  企業が最低限守るべき“義務”であることを認識するとともに、法令以外の社会的ルール・商慣習などについても、事業活動にあたっては法令に準じて、尊重し、対応して社会の信頼に応えます。

☆ 情報の開示
  事業活動を行う上で、「社会の一員」として社会との関わりを十分に認識し、各ステークホルダーに対して積極的に情報開示を行い、相互に理解を深めるとともに、顧客や取引先等の関係者の安全を確保し、企業に対する信用を確保する様応えます。

☆ 社会貢献と地域との共存
  地域の健全な発展と快適で安全かつ安心できる生活を維持する活動に積極的に参加・協力し共存を目指します。

☆ 環境保全への寄与
  環境と経済の調和に配慮し、省資源・省エネルギーや3R(廃棄物の発生抑制〔リデュース:Reduce〕、再使用〔リユース:Reuse〕、再生利用〔リサイクル:Recycle〕)に取組み「循環型社会の形成やもったいない運動」に積極的に貢献します。

☆ 情報管理・守秘義務
  事業活動において収集した顧客情報は個人情報となることから、個人情報保護法の趣旨を踏まえて、適切に利用するとともに情報流出等が発生しないよう的確に管理します。

☆ 公正な取引・自由競争原理
  対等で公正な取引ルールを尊重して、契約等に従った誠実な取引を行い、円滑な意思疎通により信頼関係確立し相互の発展を図ります。

☆ 人権尊重・働きやすい職場環境作り
  仕事を通じて自己の能力を存分に発揮し、職場を自己実現の場と感じることが出来る様、互いの人の人格・価値観など人権を尊重し、安全で働きやすい職場環境を整えます。  

☆ 公正な企業経営
  公正で透明性の高い経営を行い、公正な利益還元を念頭に置いた誠実な企業経営に心がけます。

☆ 不正行為の排除
  贈収賄、強要などの腐敗行為・不当な癒着や公正さを欠く企業活動は行いません。

☆ 反社会的勢力への対処
  総会屋、暴力団、ブラックジャーナリズムなどの反社会的勢力や団体に対しては「おそれない」「金を出さない」「利用しない」の原則を徹底し、あらゆる関係を絶つこととします。